生産技術

【生産技術あるある】工場現場で見る学歴格差の実態 高卒と大卒の微妙な関係

yamokun

今回は、生産技術あるあるについて紹介します。

知恵袋に、高卒と大卒の微妙な関係性について質問されていました。

生産技術職というのは、現場から生涯でれない高卒社員と管理部門へ異動する大卒という構図があるようです。

高卒社員は当然状況に不満があり、大卒を嫌いになります。(表向きには出しませんが) 大卒が現場のメンバーへ言うことを聞いてもらうには、高卒メンバーへはっきり指導できる強い姿勢、あるいは高卒メンバーを持ち上げ、あえて馬鹿を演じ謙虚に言うことを聞いてもらう、

こういった構図はどこの工場でも共通なのでしょうか?

引用:知恵袋

工場の現場でよく耳にする「学歴格差」について、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

世間では、生産現場では学歴による序列が存在すると言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

結論として、高卒と大卒で学歴格差があり、大卒のほうが早く出世していきます。

高卒と大卒、お互いの長所を活かし合う職場って作れるのでしょうか。

という疑問を持ちつつ、この問題に迫っていきます。

学歴がわけるものとわけないもの:生産現場にはびこる高卒vs大卒の序列構造

現場では、高卒と大卒の間には微妙な溝が存在しています。

大卒は管理部門への異動が多いのに対し、高卒は生涯にわたり現場を離れられないケースが一般的です。

この背景には教育背景の差があり、高卒社員は実践力こそ高いものの、理論知識や管理能力に劣る傾向にあります。

一方、大卒社員は理論面では強いものの、現場経験が少ないのが特徴です。

しかし、これは一概に悪いことばかりではありません。

お互いの強みを理解し、補い合うことで、より強固なチームを作ることができるのです。

現場を支える”裏方”の存在価値:高卒社員が放っておけない本当の力

高卒社員は、豊富な現場経験と高度な技術力を持ち、まさに工場を支える中心的な存在です。

彼らの現場感覚と実践力は、生産効率を高め、品質を保つ上で欠かせないもの。

大卒社員は理論知識に長けていますが、それを現場で活かすためには、高卒社員の経験に学ぶことが不可欠です。

お互いの知識と経験を共有することで、互いに成長し、職場全体の力を高めることができます。

管理職を目指す大卒社員の葛藤:現場と組織の狭間で揺れる立場

大卒社員には、管理職を目指すことが期待されていますが、現場の高卒社員からの信頼を得るのは簡単ではありません。

高卒社員の豊富な経験と技術力に劣る大卒社員には、現場での指導力不足が問題となることがあります。

しかし、これを乗り越え、現場の声を理解し、組織の架け橋となることができれば、大卒社員にとっても大きな成長の機会となります。

お互いの長所を活かせる職場づくり:互いに譲歩し合える組織への近道

高卒と大卒がお互いの長所を活かせる職場を作るためには、お互いの立場を理解し、尊重することが重要です。

高卒社員の管理能力開発をサポートし、彼らにも管理職への登用機会を設けること。

また、高卒・大卒社員による合同研修の実施や、現場と管理部門の人事異動の活性化など、お互いの長所を活かせる仕組みづくりが必要です。

日頃からの職場コミュニケーションを活性化し、高卒社員と大卒社員が互いの立場を理解し、譲歩し合える関係性を醸成していくことも重要です。

学歴に惑わされない生産現場の未来

学歴格差の問題は、一朝一夕には解決できるものではありません。

しかし、高卒社員と大卒社員がお互いの長所を認め合い、譲歩し合える関係を築いていけば、生産現場の未来は明るいです。

この記事が、そんな職場づくりの一助になれば嬉しいです。みなさん、一緒に頑張りましょう!

プロフィール
技術系エンジニアのやもくん
技術系エンジニアのやもくん
課長
「生産技術の冒険者へ」ようこそ!
ここは、機械系エンジニアの皆さんが生産技術の業務をスーパーヒーローのように効率的に遂行できるよう、驚きの情報を提供します。

さらに、海外での業務経験から得たスパイスも振りまきます。このブログで新たな視点を得て、日々の業務を冒険のように感じてください。
さあ、一緒に冒険を始めましょう!
記事URLをコピーしました