生産技術

生産技術の仕事がつまらない?

yamokun

今回は、生産技術あるあるについて紹介します。

知恵袋に、生産技術の仕事について質問されていました。

生産技術の仕事がつまらない。

完成車メーカーに勤める入社3年目の会社員です。生産技術部に所属しており、新型車立ち上げてに向けての生産準備をしております。

業務内容としては、試作車不具合を設計部署と調整、治具の設計、DMDR、lSO業務、作業指示書の作成等です。

そろそろ3年が立ちますが、この仕事を今一楽しめていません。

引用:Yahoo!しごとカタログ


生産技術者の皆さんが抱える大きな課題の1つ、「仕事のモチベーション」について掘り下げていきたいと思います。

一見地味で退屈に見えるこの仕事には、実は驚くべき多様性と刺激が隠れています。

そのため、生産技術の仕事はつまらなくないです

生産技術の日々の仕事内容

生産技術者の1日は、まさに多彩な顔を持っています。

新製品の立ち上げでは、部品設計や生産プロセスの検証作業に取り組みます。

試作品の不具合対応では、原因の特定と改善策の立案が求められ、高度な分析力が発揮されます。

さらに、生産ラインの治具設計では、工程の効率化やコストダウンを意識しながら、創造性を発揮する必要があります。

見方を変えれば、この多様性こそが生産技術の醍醐味だといえるでしょう。

同じ問題に対しても、ものづくりに関する幅広い知識と経験を活かすことで、独創的な解決策を見出すことができます。

単なるルーチンワークではなく、日々新しい発見と学びがあるのが生産技術の魅力なのです。

製造部門との難しい調整

製造部門との調整は、生産技術者にとって避けては通れない大きな課題です。

予算の制約や構造変更の困難さが加わると、この調整業務は一層複雑になります。

でも、これらの挑戦を乗り越えられたとき、製品の品質やコストに直接影響を与えられるのは、とても充実感のある経験です。

人間関係の複雑さ

生産技術者の仕事では、現場の製造スタッフとの良好な関係構築が不可欠です。

しかし、時にプライドやコンプレックスが絡み合い、人間関係がギクシャクしてしまうことがあります。

上司との意見の相違や、部門間の縄張り意識などが原因で、溝ができてしまうのです。

このような難しい人間関係に上手く対処できれば、逆に強固なチームワークが生まれ、業務遂行がスムーズになります。

相手の立場に立って考え、柔軟な姿勢で粘り強く交渉していくことが重要です。

時には自分のプライドを抑え込む勇気も必要かもしれません。

そうした努力が、やがては信頼関係の構築につながるのです。

やりがいを感じる方法

生産技術の仕事は多岐に渡るため、自己研鑽の機会に事欠きません。

新しい製造技術の習得やプロジェクト管理スキルの向上など、常に自身の能力を磨く必要があります。

このような自己成長の過程で得られる達成感は、大きなやりがいにつながります。

また、ポジティブな姿勢を保ち続けることも重要です。

些細な進捗でも喜び、チームメンバーを称賛することで、前向きな職場環境を築くことができます。

さらに、小さな成功を積み重ねていけば、徐々に大きな成果につながっていくはずです。

このように、自己研鑽に励み、前向きな姿勢で業務に取り組むことで、生産技術者はやりがいを感じることができるのです。

まとめ

生産技術の仕事は、確かに厳しい挑戦を伴いますが、それを乗り越えることで、大きなやりがいと充実感を見出すことができます。

自分自身の視点を変え、ポジティブな姿勢を持ち続けることで、仕事の質を高め、より豊かな職業生活を送れるはずです。

生産技術の仕事が面白いか、つまらないかは、個々人のモチベーションに大きく左右されます。

生産技術者としての自分の大きな役割を再認識し、日々の業務に新たな魅力を見出していきましょう。

プロフィール
技術系エンジニアのやもくん
技術系エンジニアのやもくん
課長
「生産技術の冒険者へ」ようこそ!
ここは、機械系エンジニアの皆さんが生産技術の業務をスーパーヒーローのように効率的に遂行できるよう、驚きの情報を提供します。

さらに、海外での業務経験から得たスパイスも振りまきます。このブログで新たな視点を得て、日々の業務を冒険のように感じてください。
さあ、一緒に冒険を始めましょう!
記事URLをコピーしました