生産技術

生産技術職は開発職よりもきついですか?

yamokun

今回は、生産技術のあるあるについて紹介します。

知恵袋に、生産技術と開発職に関する質問がされていました。

生産技術職は開発職よりもきついですか?

新卒で生産技術職に内定をもらったのですが、ネットで調べると 負け組、残業が多い、汚い、現場の人に媚び売らないといけない とか色々出てきて不安です。

引用:知恵袋

新卒で生産技術職に内定をもらった方からの質問です。

ネットで調べると生産技術が「負け組」「残業が多い」「汚い」「現場の人に媚び売らないといけない」といった情報が出てきて不安に思っているようです。

 

結論として、生産技術職と開発職のどちらがきついかは一概には言えません

この記事では、生産技術職は開発職よりもきついのか、その真実に迫ります。

生産技術職と開発職の比較

生産技術職は現場主義で、常に生産性や品質を意識しながら、機械設備や作業員の管理をします。

一方、開発職はより戦略的・創造的な側面が強く、顧客ニーズの把握やアイデア出しが重要となります。

 

両者が直面する課題も異なります。

生産技術の大変さ

生産技術職は突発的なトラブル対応や、コストや納期の圧迫に悩まされがちです。

製造ラインを担当すると、現場の人が3交代で24時間動かしているラインだったので、夜中にトラブルが起こると現場から電話がかかってきて夜中の2時3時に出勤するということもありました。

しかし、開発職のように、クリエイティビティはあまり要求されませんので、頭はある意味、楽です。

開発職の大変さ

開発職は仕様変更への柔軟な対応や、技術的な難問への取り組みに心を砕きます。

開発職の場合、開発テーマの当たりはずれもあるので、人事評価は、年ごとに当たりはずれがあり、それがボーナスにも結構影響します。

「きつさ」の評価は難しい

生産技術職は現場第一主義のもと、高度な専門性と管理能力が求められ、かつ厳しい納期・コスト圧力にさらされます。

一方、開発職はよりクリエイティブで戦略的な側面が強く、技術的な課題への対応力が重要となります。

 

このように、両職種にはそれぞれの特徴と難しさがあり、一概に「きつさ」を比較するのは適切ではありません。

むしろ、個人の適性、経験、価値観によってどちらの職種がより適しているかが異なると考えられます。

まとめ

生産技術職は開発職よりもきついと感じる人もいれば、そうでない人もいます。

どちらがきついかは、個々の体験や感じ方による部分が大きいです。

しかし、どちらの職種にも一長一短があり、自分自身がどのような働き方を求めているかによって、適した職種は変わるかもしれません。

自分自身の価値観を大切にし、自分にとって最適な職種を見つけることが大切です。

記事URLをコピーしました