生産技術

【生産技術あるある】現場あるある「俺がいないと仕事が回らない」おじさん

yamokun

今回は、現場あるあるについて紹介します。

生産技術の現場で働いているとよく見かける人物がいます。

自分がいないと職場が回らないと勘違いしている「俺がいないと仕事が回らない」おじさんです。

知恵袋には、「自分がいないと職場が困ると勘違いしている人」についての相談が寄せられていました。

自分がいないと職場が困ると勘違いしている人
自分の才能を過信している人が何人かいるのですが

そんな人たちの勘違いを気づかせる方法ってあると思いますか?

自分がいないと職場が困ると思っている人に共通するのは、自己中なところ
みんな、これくらいのわがままは聞いて貰えるだろうと思っている感じです。

さり気なく・・・それ普通だよって気づかせる方法はあるでしょうか
何で自分の評価を自分でするんでしょうか・・・・

引用:知恵袋

あなたの職場にもいませんか?

「自分がいないと仕事が回らない」と思い込んでいる人。

彼らは自分の才能を過信しているかもしれません。

 

しかし、その人が休んだ方が仕事がはかどることもあるのです。

この記事では、そんな「俺がいないと仕事が回らないおじさん」たちについて、その心理や行動、そして周囲がどう対応すべきかについて考察していきます。

現場で働くすべての人たちに、少しでも参考になれば幸いです。さあ、一緒に見ていきましょう。

自分が居ないと職場が困ると思い込んでいる人

職場に「自分がいないと困ると思い込んでいる人」がよくいます。

中には、自分を過信している人もいますが、実際に仕事ができる人や実績を上げている人、上司から信頼されている人でも、そう思い込んでいる人が多いのが実情です。

彼らは、自分の仕事ぶりや実績、評価が職場を支えていると本気で信じています。

それがモチベーションにつながり、自らのプライドにもなっているのでしょう。

自己中の人

一方で、実際には仕事ができない人が自分を過信し、自己中に振る舞っている場合もあります。

そうした人は単に自分のプライドを立てたいだけで、仕事への意欲とは結びついていないのが実態です。

 

彼らは、自分の存在感がないと勘違いしているようです。

要は、仕事ができないのに人目を気にする小心者が多いのが特徴です。

仕事が半人前しかできないのに、威張られてもどうしようもないですね…

さり気なく気づかせる方法

このような人に、さり気なく現実を教えるのは難しいかもしれません。

真意が伝わらず、かえって反発を招く可能性もあります。

そのようなエネルギーを使うよりは、面白がって彼らの行動を観察日記に書いて、客観的に分析するのも一案かもしれません。

まとめ

自分がいないと職場が困ると勘違いしている人は、自己過信や自己中心的な傾向がある場合が多いようです。

そうした人たちの誤解を解くのは容易ではありません。

「それが普通だよ」と気づかせる手立ては乏しいかもしれません。

 

彼ら自身が自己評価の問題を解決していく必要があるのかもしれません。

周囲としては、そうした人々を理解し、支えていくことが大切かもしれません。

 

一方で、自分自身がそうした人にならないよう、常に自己反省する姿勢も忘れてはいけません。

現場ではこのような「俺がいないと仕事が回らない」おじさんたちと向き合わなければならないでしょう。

彼らにも頑張ってもらいたいと思います。

プロフィール
技術系エンジニアのやもくん
技術系エンジニアのやもくん
課長
「生産技術の冒険者へ」ようこそ!
ここは、機械系エンジニアの皆さんが生産技術の業務をスーパーヒーローのように効率的に遂行できるよう、驚きの情報を提供します。

さらに、海外での業務経験から得たスパイスも振りまきます。このブログで新たな視点を得て、日々の業務を冒険のように感じてください。
さあ、一緒に冒険を始めましょう!
記事URLをコピーしました