生産技術

コミュ障気味な生産技術の私ですが、転職はできるでしょうか?

yamokun

今回は、生産技術あるあるについて紹介します。

知恵袋に、「コミュ障気味な私ですが、転職はできるでしょうか?」と質問されていました。

転職活動中の者です。2年勤めている会社(生産技術職)を辞めて転職しようと考えているのですが、志望企業には転職理由はどう伝えるのがベストでしょうか??

…もともとコミュ障気味な私ですが他部署や下請けさんとの連携がかなり重要なこの仕事が合わないんじゃないかと思ってます。 最低限のコミュニケーションが仕事をする上で必要なのは分かっています。

引用:知恵袋

コミュニケーションに自信がないことで、転職に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、コミュ障だからといって、転職が夢のようなことではありません。

今回は、そのような方のために、コミュ障でも転職できる方法をじっくりとご紹介していきたいと思います。

コミュ障でも転職は夢じゃない!


「生産技術職って、コミュ力必須じゃないの?」そんな疑問を持つ方もいるでしょう。

確かに、多くの部署や外部の方々との連携が求められる職種です。

しかし、コミュニケーションが苦手でも、転職活動での伝え方次第で、道は開けます。

 

たとえば、自分のコミュ障の特性を理解し、いかに業務に生かせるかを説明することが重要です。

一見欠点に見えるコミュ障の特性を、むしろ長所として捉えられるよう工夫しましょう。

例えば、黙々と作業に集中できる、細部にこだわれる、ミスが少ない、といった点を強調するのです。


また、面接官に「新しい環境で自分を試したい」と前向きに訴えかけることで、あなたの成長意欲をアピールできます。

コミュ障であっても、ポジティブな言葉で自己PRすれば、きっと評価されるはずです。

「上司との関係」をどう伝える?


前職での上司との関係がうまくいかなかったという経験は、多くの方が抱えているはずです。

面接の際、「上司が嫌だから辞めたい」とは、なかなか言いにくいものですね。

 

そこで、「新しい環境で自分を成長させたい」といった、ポジティブな表現を使うのがおすすめです。

単に上司との人間関係が悪かったと言うのではなく、前向きな目標を持っていることを示すのです。

例えば、「前職では上司の指示に沿って業務を進めていましたが、自分の意見を積極的に活かせる環境で、さらに力を発揮したい」と話すのも良いでしょう。

このように、あなたの成長意欲をアピールできる表現を心がけましょう。

新しいフィールドへの挑戦

生産技術職以外の仕事に興味がある方も多いのではないでしょうか。

そうした場合、「異なる分野での専門知識を深めたい」という風に、スキルアップへの意欲を前面に出してみてください。

新しいことにチャレンジする意欲を持っていることを、しっかりと伝えられるはずです。

ただし、単に「違う仕事がしたい」というのではなく、なぜその分野に興味があるのか、どのようなスキルアップができるかを具体的に説明することが大切です。

コミュ障を乗り越えて

コミュニケーションが苦手なあなたにも、改善への努力をアピールする機会があります。

転職活動の中で、小さな一歩から始めて、徐々に自信をつけていく過程を話すのです。

自己理解と自己受容の大切さも伝えましょう。

これらはキャリア形成だけでなく、人生においても重要なステップなのです。

例えば、「コミュニケーションが苦手だと自覚していましたが、一歩ずつ改善に取り組み、徐々に自信がついてきたと感じています」と説明すれば、あなたの成長ぶりを印象付けられるでしょう。」

転職活動、ポジティブに進もう!

転職は、自分自身を見つめ直す絶好の機会。

あなたの成長や新しいチャレンジ、スキルアップやキャリアアップを前面に押し出して、ポジティブな印象を持ってもらいましょう。

コミュ障気味でも、しっかりした準備とポジティブな姿勢があれば、必ず道は開けるはずです。

 

上司との人間関係に不安があっても、「新しい環境で力を発揮したい」と伝えたり、異分野への挑戦意欲をアピールするなど、あなたの魅力を存分に発信しましょう。

皆さまの転職活動が、夢に向かって大きく前進することを心から願っています。次回の記事でまたお会いしましょう。頑張ってくださいね!

プロフィール
技術系エンジニアのやもくん
技術系エンジニアのやもくん
課長
「生産技術の冒険者へ」ようこそ!
ここは、機械系エンジニアの皆さんが生産技術の業務をスーパーヒーローのように効率的に遂行できるよう、驚きの情報を提供します。

さらに、海外での業務経験から得たスパイスも振りまきます。このブログで新たな視点を得て、日々の業務を冒険のように感じてください。
さあ、一緒に冒険を始めましょう!
記事URLをコピーしました