生産技術

生産技術職ってどこも激務なの?

yamokun

今回は、生産技術のあるあるについて紹介します。

知恵袋に、生産技術職は激務なのかと投稿されていました

生産技術職とはどこも激務なのでしょうか?

現在自動車部品メーカーに入社して2年目です。
生産技術部に配属されましたが、その部署では皆早くても20時、遅いと日付が変わるまで仕事をしています。

休日出勤も多く、プライベートや家族を犠牲に仕事をしている人ばかりです。

引用:知恵袋

製造業の生産現場を支える生産技術職。機械設備の設計・管理、新工法の開発、関連部署との調整など、多岐にわたる業務を担っています。

しかし、生産技術職の実情は決して楽ではありません。

多くの生産技術職の方が「激務」だと感じているのが実情です。

それは、時には家族やプライベートな時間を犠牲にしなければならないほどです。

生産技術職に就くということは、日付が変わるまでの残業や休日出勤が当たり前になることを意味するのでしょうか?

この記事では、生産技術職の仕事内容や実態、そして激務の原因や対処法について詳しく紹介します。

さらに、生産技術職の重要性と魅力についても考えていきましょう。

生産技術職の実態

生産技術職の多くは、残業時間が長く、休日出勤を余儀なくされることも少なくありません。

納期やトラブル対応に追われ、ゆとりのない毎日を送っている人が多いのが実情です。

「生産ラインの立ち上げや改善、新しい生産技術の開発など、やるべきことがたくさんあるのに、人手が足りない」

「部品の不具合対応や設備の修繕など、いつ問題が起きるかわからず、常に緊張感を持って仕事をしなければならない」

こうした声が、生産技術職の激務を如実に物語っています。

仕事内容の詳細

生産技術職の主な業務は以下の3点に大別されます。

  1. 生産ラインの設計と管理
  2. 新しい生産技術の開発
  3. 関連部署との調整

生産ラインの設計と管理では、生産性の向上や品質の安定化に向けて、ラインの改善提案や設備の管理・メンテナンスを行います。

新しい生産技術の開発では、最新の加工技術や検査技術の導入などに取り組みます。

部署間の調整では、生産、品質管理、設備管理といった部署との連絡調整を担っています。

激務の原因と対処法

生産技術職が「激務」だと感じる主な原因は以下の2点が挙げられます。

  1. 納期のプレッシャー
  2. 設備トラブルへの対応

顧客からの短納期要求や、予期せぬ設備トラブルへの迅速な対応など、常に時間との戦いが生産技術職の仕事です。

こうした状況に追われ、心身ともに消耗してしまうのが実情です。

対処法としては、部署異動の相談や、場合によっては転職も視野に入れることが考えられます。

それでも改善がみられない場合は、退職も選択肢の1つとなるでしょう。自身の健康と生活の質を最優先することが何より大切です。

生産技術職の魅力と将来性

一方で、生産技術職には大きな魅力もあります。

製造業の根幹を担う重要な仕事であり、最新の生産技術の開発に携わることで、製造業の技術革新に貢献できるのです。

「自分が開発した新しい生産技術が、製品の品質や生産性の向上に役立っているのを見るとやりがいを感じる」

「機械設備の改善提案が採用され、現場の効率化につながったときの達成感は格別」

こうした生産現場の改善に寄与できる喜びは、生産技術職ならではの醍醐味といえるでしょう。

まとめ

生産技術職は、製造業の中核を担う重要な役割を果たしています。

しかし、激務に見舞われがちなのも現実です。

健康と生活の質を何より大切にしながら、自身に合った働き方や環境を見つけていくことが重要です。

同時に、生産技術職の果たす役割の大きさを理解し、その魅力にも着目していきましょう。

製造業の競争力を支える生産技術職。

あなたも、この重要な仕事に挑戦してみませんか。

プロフィール
技術系エンジニアのやもくん
技術系エンジニアのやもくん
課長
「生産技術の冒険者へ」ようこそ!
ここは、機械系エンジニアの皆さんが生産技術の業務をスーパーヒーローのように効率的に遂行できるよう、驚きの情報を提供します。

さらに、海外での業務経験から得たスパイスも振りまきます。このブログで新たな視点を得て、日々の業務を冒険のように感じてください。
さあ、一緒に冒険を始めましょう!
記事URLをコピーしました