生産技術

【生産技術あるある】理系の末路工場。工場送りって悲惨ですか?

yamokun

今回は、生産技術のあるあるについて紹介します。

知恵袋に、「左遷により工場送りなったのですが悲惨ですか?」と質問されていました。

理系の末路工場について。工場送りって悲惨ですか?

研究職無理だったので工場送りになりそうです。工場での院卒の仕事と、その働きを具体的に知りたいです。あと長いキャリアプランも教えて下さい。

引用:知恵袋

投稿主は、研究職がうまくいかず、工場送りになったそうです。

理系の学生が研究職に進めない場合、工場勤務への配属になることは多いのでしょうか?

運営者が働いている会社では、あまり聞いたことがないです。

この「工場送り」という表現には否定的なニュアンスですね。

実際のところ、工場勤務は悲惨なのでしょうか?

工場送りは、悲惨ではありません!

悲惨ではない理由を深堀りしていきます!

工場勤務の魅力

工場勤務は、生産技術や品質管理など、理系ならではの専門知識を活かせる場所です。

単なる単調な作業ではなく、工夫や発想力、分析力が要求される充実した仕事も多数あります。

また、工場の立ち上げや資材調達など、理系の知識が発揮できる職務もあります。

工場勤務は、キャリアの終着点ではなく、新しい可能性を秘めた場所なのかもしれません。

こうしたことから、工場送りは悲惨ではないです。

工場勤務が切り開く道

工場勤務では、自分の能力を数値で示しやすい環境が整っています。

そのため、製造業の技術者としての地位を確立し、研究所勤務よりも出世が早い可能性も。

もちろん、それは個人の目標や価値観によって変わりますが、工場勤務にはキャリアアップの機会がたくさん隠されているのかもしれません。

転職という新しい選択肢

もしも工場勤務が自分に合わないと感じたら、転職も一つの選択肢です。

理系のバックグラウンドを持つ人は、市場価値が高く評価されるため、他業界への転職も可能です。

大学に戻って研究に専念するのも面白いかもしれません。

あなたの人生、あなたの選択

「理系の末路」と見なされがちな工場勤務ですが、それは一面的な見方に過ぎません。

専門スキルを活かし、成長できる場所でもあるのです。

最終的には、自分の価値観と目標に合わせて、最善の選択をすることが大切です。

あなたの人生は、あなた自身で切り開いていくものです。

プロフィール
技術系エンジニアのやもくん
技術系エンジニアのやもくん
課長
「生産技術の冒険者へ」ようこそ!
ここは、機械系エンジニアの皆さんが生産技術の業務をスーパーヒーローのように効率的に遂行できるよう、驚きの情報を提供します。

さらに、海外での業務経験から得たスパイスも振りまきます。このブログで新たな視点を得て、日々の業務を冒険のように感じてください。
さあ、一緒に冒険を始めましょう!
記事URLをコピーしました