生産技術

生産技術って「ブラック」なの?

yamokun

今回は、生産技術のあるあるについて紹介します。

知恵袋に、「生産技術って「ブラック」なの?」と質問されていました。

メーカーの生産技術職はブラックですか?

ネットのブログ等では生産技術は激務でブラックだからオススメしないと言う人が多いように思います。

引用:知恵袋

インターネット上では、生産技術は激務でブラックだからオススメしないと言う声が多いようです。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

結論として、生産技術職がブラックかどうかは一概には言えないが、忙しい部署で間違いないです。

今回は、生産技術職についての質問とその回答をもとに、生産技術職が本当に「ブラック」なのかを探ってみましょう。

ブラックかどうかは会社次第

生産技術職がブラックかどうかは、勤務する企業次第だと言えます。

近年は労務管理が厳しくなり、過剰な長時間労働は少なくなってきています。

中には、やりがいのある仕事内容と適切な労働条件を両立している企業も存在します。

 
大手メーカーなどでは、労働時間の上限設定や残業代の確実な支払いなど、社員の労働環境改善に積極的に取り組んでいるところが多く見られます。

一方、中小企業の場合は経営者の価値観や労務管理体制によって、ブラック企業と呼ばれるようなところも散見されます。

そのため、企業規模や業界、企業文化などを総合的に判断する必要があります。

生産技術職の具体的な仕事内容

生産技術職の主な仕事は以下のようなものです。

  • 設計部門と連携し、製品の性能を損なわず作りやすい図面を作る
  • 生産ラインに必要な設備や治具などを準備する
  • 試作品の製造や品質管理を行う
  • 量産時の課題解決に取り組む
  • 技術の研究開発にも携わる


生産技術職の主な仕事は以下のようなものです。

このように、生産技術職には幅広い職務があり、やりがいのある仕事内容だと言えます。

ただし、時期によって業務量が大きく変動することもあるため、柔軟な対応力が求められます。

ブラックかどうかは運次第


生産技術職がブラックかどうかは、運にも大きく左右されます。

大卒採用の場合、夜勤が基本的にないのが一般的です。

ただし、工場の立ち上げや深刻なトラブル対応時は例外的に残業が発生することもあります。


新人社員の場合、先輩社員への丁寧な指導や、適切な業務量設定など、上司の配慮によってワークライフバランスが保たれる可能性が高くなります。

一方で、上司の管理能力が低く、部下の業務管理が適切でない場合は、残業が増え過ぎる可能性も否めません。


このように、生産技術職においては、上司との相性や配属部署の状況など、運要素が大きいと言えます。入社後の環境を慎重に確認することが重要でしょう。

企業の姿勢が重要


大手一流企業の場合、コンプライアンスと労働環境への意識が高いため、生産技術職がブラックだと断言することはできません。

企業の姿勢と実際の労働条件を確認することが重要です。


近年、残業時間の上限設定、ワークライフバランス施策の導入など、大手企業を中心に労働環境の改善が進んでいます。

生産技術職の場合も、自動化の推進や業務の効率化などにより、長時間労働を削減する取り組みが行われています。


一方で、企業の方針と実際の運用には乖離がある可能性もあります。

入社前に、社内の雰囲気や先輩社員へのヒアリングを通して、生産現場の実態をしっかりと把握しておくことが大切です。

まとめ


生産技術職がブラックかどうかは一概には言えません。

企業や個人の経験によって評価は分かれるところです。

大手企業を中心に労働環境の改善が進んでいるものの、中小企業やトラブル発生時などでは、依然として過剰な残業が発生する可能性があります。


やりがいのある仕事内容と適切な労働条件を兼ね備えた企業も存在することを踏まえ、自分に合った環境を見つけることが大切です。

入社前に企業の実態を十分に確認し、ワークライフバランスを保てる職場かどうかを見極めることが重要でしょう。

記事URLをコピーしました