生産技術

生産技術って「底辺」なの?

yamokun

今回は、生産技術のあるあるについて紹介します。

知恵袋に、生産技術は「底辺」でないかと悩んでいる投稿がありました。

先日、某自動車メーカーの生産技術系の部署に配属されました。

しかし、ネットを見ていると「底辺」「ブラック」などさんざんな書かれようでした。

生産技術職は底辺なのでしょうか?

引用:知恵袋

「生産技術って、底辺?」そんな疑問を抱いていませんか?

インターネット上の情報に戸惑い、不安を感じているかもしれません。

 

結論として、生産技術は底辺ではありません!

この記事では、生産技術がなぜ「底辺」といわれるのか、考察します。

生産技術が「底辺」と見なされがちな実情

生産技術は、製品を生み出すための不可欠な要素です。

その価値は、計り知れないほど大きいものです。

しかし、時には生産技術が「底辺」と見なされることがあります。

その背景を探ってみましょう。

開発や設計の陰で輝く生産技術

開発や設計などの知識集約型の仕事や創造的な業務は、しばしば高い評価を受けます。

これは、新しいアイデアや製品を生み出すことで目に目る成果を示すため、より注目されやすいためです。

 

これに対して、生産現場での技術的な仕事は、その重要性が見過ごされがちです。

 生産技術は、製品が実際に形になる「最終段階」を担当します。

この段階は、製品の品質や効率性を決定する重要な役割を果たしますが、その複雑さや専門性が外部からは見えにくいため、その価値が正しく評価されないことがあります。

そのため、開発や設計に対して、生産技術は注目されにくく評価されず底辺というイメージがついてしまったかもしれません。

生産技術はブラックだから

製造工程は、上流と下流に分かれており、生産技術はその中でも下流に位置します。

これは、生産技術が供給チェーンの最終段階にあり、顧客に直接的な影響を与える位置にあることを意味します。

生産が停止すると、その影響は直ちに顧客に及びます

 

トラブルが発生した場合など、業務は非常に大変になります。

そのためブラックや激務などのイメージがついてしまっています。

生産技術が「底辺」と見なされることがあるのは、ブラックや激務といった厳しい労働環境のイメージが原因であると考えられます。

生産技術は「底辺」ではない

結論として、生産技術は「底辺」ではありません。

製品品質の守護者と言っていいでしょう。

 

生産技術は、しばしば誤解されがちな分野です。

一部では「底辺」と見なされることもありますが、これは大きな誤解です。

実際には、生産技術は製品の品質と効率を決定づける、非常に重要な役割を担っています。

生産技術の真の価値

生産技術は、製品が設計図から実際の形になるまでの過程で中心的な役割を果たします。

この過程は、製品が市場で成功するかどうかを左右するため、その重要性は計り知れません。

生産技術者は、製品の品質を保証し、生産効率を最大化するために、日々努力を重ねています。

生産技術の未来

今後、生産技術はさらに重要性を増していくでしょう。

技術の進歩により、生産プロセスはより複雑かつ高度になります。

そのため、生産技術の専門知識とスキルは、これまで以上に価値を持つようになります。

 

以上から、生産技術は「底辺」ではありません。

それは、製品の品質と効率を支える、企業の成功に不可欠な要素です。

生産技術の専門家たちは、私たちの日常生活に欠かせない製品を提供するために、その知識と技術を駆使しています。

生産技術者の努力と貢献に敬意を表し、その重要性を正しく評価することが求められています。

生産技術の現実

生産技術の仕事は、厳しい労働環境が伴うことが多いです。

休日出勤や急な呼び出し、設備の老朽化や新車種の生産に伴う設備改造など、生産ラインが止まる長期休暇には現場で設備工事に従事することもあります。

こういった厳しい労働環境からブラックといわれることもありますが、生産技術の本質は「生産設計」と「生産改善」です。

設計開発から出図された図面を、如何に造るかを考え、生産設備を整備し、作業標準を作成して、品質のバラツキを抑えながら、できるだけ安く製品を造る生産ラインを構築することが生産技術の仕事です。

つまり、生産技術は製品の生産プロセスを設計し、改善する重要な役割を担っています。

これは企業の利益に直結する非常に重要な業務であり、その成果は企業の利益向上や製品の品質向上にも繋がるため、生産技術は「底辺」ではなく、むしろ「頂点」に立つ職種と言えます。

生産技術の現実

生産技術は、厳しい現場で働くことが求められます。

休日出勤や急な呼び出しは日常茶飯事で、設備の老朽化や新車種の生産に伴う設備改造など、生産ラインが止まる長期休暇には現場で設備工事に携わることもあります。

しかし、これらの厳しい労働環境がブラックと呼ばれる一方で、生産技術の本質は、「生産設計」と「生産改善」にあります。

設計開発から出図された図面を、どのように造るかを考え、生産設備を整備したり、作業標準(製品の作り方)を作成したりして、品質のバラツキを抑えながら、できるだけ安く製品を造る生産ラインを構築するのが生産技術の仕事です。

知識だけで何もできない技術部、技能だけで何もできない製造部、その他の部署全てを網羅するのが生産技術です。

頂点に立つためには多大な努力が必要なのでブラックになるのかもしれませんね。

まとめ

投稿者は生産技術の部署に配属されましたが、生産技術に関する風評を聞いて、かなり不安を感じていました。

多くの人が配属先についての希望を持っていますが、時には予期せぬ部署に配属されることもあります。配属ガチャといわれるやつですね。

生産技術は、一見すると人気のない配属先かもしれません。

 

社員一人ひとりの適性に応じた配属先が決定されるのです。

どの仕事も「底辺」ではなく、それぞれに価値があります。

特に生産技術は、肉体的にも精神的にも要求されることが多い職種ですが、それはその仕事が非常に重要だからこそです。

生産技術は決して「底辺」ではなく、むしろ企業の「頂点」を担う職種と言えるでしょう。

労働環境が厳しいこともありますが、それはこの職種が企業にとって不可欠である証拠です。

これから生産技術の道を歩む皆さん、頑張ってください。応援しています!

記事URLをコピーしました