生産技術

大卒が工場勤務ってやばい?負け組なの…生産技術やってますが

yamokun

今回は、生産技術あるあるについて紹介します。

知恵袋に、大卒が工場勤務していることについて悩んでいる投稿がありました。

大卒が工場勤務ってやばいですか?

負け組なんですか?

引用:知恵袋

「大卒が工場勤務ってやばい?負け組なの…」という疑問を抱く方は少なくないかもしれません。

特に、大学の友人が東京のオフィスで働き、キラキラした生活を送っていると聞くと、自分が地方の工場で働いていることがつらく感じますね。

しかし、ここで一つ考えてみてください。

 

勝ち組か負け組かは、他人が決めるものではなく、自分自身が判断するものです。

他人と比較してしまうと、自分がどれだけ頑張っていても満足できなくなってしまいます。

しかし、自分自身の価値を自分で決め、自分の道を進むことができれば、どんな職業でも充実した人生を送ることができます。

 

だからこそ、大卒で工場勤務を選んだあなたは、決して負け組ではありません。

自分の道を選び、一生懸命に働いているあなたこそが、真の勝ち組なのです。

「負け組」と見なされがちな実情

大学卒業後、工場での勤務を選ぶ人は多くはありません。

ここでは、なぜ「負け組」とみなされるのか考察していきます。

一流企業への憧れ

日本の就職市場では、依然としてコンサル、商社といった、いわゆる「一流」と呼ばれる企業への就職が、多くの学生の憧れとなっています。

こういった一流の企業では、入社1年で年収1000万超えるといった話も聞きますよね。

それ以外の企業に就職した人々は、しばしば社会的に軽視されたり、自分自身も未だ満足できない就職先だと感じてしまうのです。

工場に対するイメージ

ただ工場というワードのイメージから「負け組」と周りから見なされがちなのが現状です。

工場=地方、工場=汚いなどのイメージがありますね…

工場勤務は、大学での専門教育とは直接関係がないように思われがちです。

そのため、大卒者が工場で働くことは、自己実現の機会を逃したのではないかと、周囲から見なされがちなのが実情です。

ただし、このような固定観念は必ずしも正しいものではありません。

むしろ、大卒者にとって工場勤務には、意外な魅力と可能性が隠されています。

工場勤務は負け組ではない

なぜ大卒の工場勤務が「負け組」ではないのでしょうか。

それには大きな魅力があるからです!

大学での知識が活かせる

まず、工場には多種多様な仕事が存在します。

単純作業だけでなく、生産管理や設備メンテナンスなど、専門性の高い職種も数多くあります。

大学で学んだ知識が活かせる機会がたくさんあるのです。

転職もあり、管理職へいくのもあり

また、一回の就職で人生が決まるわけではありません。

入社後に新しいスキルを身につけ、転職するのもあり、管理職への道を拓く道もありです。

むしろ、工場勤務を経験することで、より幅広い選択肢が生まれるかもしれません。

 

さらに、工場は収入面でも決して見劣りするわけではありません。

適切な技術と経験を積めば、年収1000万円を超える管理職にもなれるのです。

工場勤務を選ぶ理由

大学を卒業してからどのような仕事に就いているでしょうか。

東京のオフィスで働く友人とは対照的に、地方の工場勤務を選んだ方も多いのではないでしょうか。

中には、大学で学んだ知識が活かせる専門的な工場勤務を選ぶ人もいるでしょう。

 

または、そこしか内定がもらえなかったからといった方もいるでしょう。それはそれで実力が伴わなかったと思うしかありません。

それが嫌で就職留年または浪人をしたとしても、勝ち組と思える企業に就職出来るとは限りません。

一年後と今とでは、企業側からしたら確実に今のあなたの方が魅力的に映ります。

そこしか内定がもらえてないのなら、そこで働きながら、次のステップに進む事を考えた方が建設的です。

働き方として納得がいかないなら

働き方として納得がいかないのであれば、あなたがそこで改革出来るようにすればいいと思います。

それが無理だと諦めるのなら、転職の為の勉強を働きながらすればいいだけです。

一回の就職で全てが決まるわけではありませんので、それだけで勝ちとか負けを判断してると何をしていてもダメだなと思うだけだと思います。

 

もちろん、働き方への不安もあるかもしれません。

しかし、それは工場勤務に限ったことではありません。

むしろ、自分の目標に向けて改革を提案したり、転職の準備をしたりと、主体的に行動することが大切です。

まとめ

大卒の工場勤務は「負け組」ではありません。

むしろ、自分の可能性を最大限に引き出せる魅力的な選択肢なのです。

 

自分の道を切り開いていくことが何より重要なのです。

自分に合った仕事を見つけ、自己実現に向けて努力する。

それこそが、真の勝ち組になるための道なのではないでしょうか。

プロフィール
技術系エンジニアのやもくん
技術系エンジニアのやもくん
課長
「生産技術の冒険者へ」ようこそ!
ここは、機械系エンジニアの皆さんが生産技術の業務をスーパーヒーローのように効率的に遂行できるよう、驚きの情報を提供します。

さらに、海外での業務経験から得たスパイスも振りまきます。このブログで新たな視点を得て、日々の業務を冒険のように感じてください。
さあ、一緒に冒険を始めましょう!
記事URLをコピーしました