生産技術

生産技術って体育会系多いの?

yamokun

今回は、生産技術あるあるについて紹介します。

知恵袋に、生産技術は体育会系が多いかと質問がされていました。

メーカーの技術職(研究、開発、生産)って体育会系多いですか??

「いる」「いない」ではなく、他業種に比べてどうかを教えて下さい!

引用:知恵袋

生産技術の仕事って、一般的にはカッコいい印象がありませんよね。

データを分析したりと、地味な作業も多いのが実情です。

でも実は、そこには体育会系出身者が活躍できる魅力がたくさん詰まっています。

 

生産技術の現場では、頭脳的な仕事と体力仕事が必要不可欠。

論理的思考力と問題解決能力が問われる一方で、現場の業務にはタフさが求められます。

そういった両面の能力を兼ね備えているのが、体育会出身者の強みなのです。

 

また、生産技術の部署には、体育会系の活発な雰囲気も漂っているのが特徴。

職人気質の人間関係の中で、きつめのコメントを浴びせられることも珍しくありません。

でも、それに動じない心構えがあれば、きっと楽しい職場になるはずです。

結論として、生産技術者は体育会系が多くはないですが、そうした特徴を持つ人材が向いています。

分析に加え、現場の仕事も必要

生産技術の仕事は、成果報告書のまとめや数値データの分析など、地味な作業が半分以上を占めます。

しかし同時に、生産現場での体力を必要とする業務もあり、体育会系出身者が活躍できる分野なのです。

体育会出身者に備わる両面の能力

生産技術の仕事には、”こつこつ”と取り組まなければならない部分と、スピーディな対応力を要求される部分が混在しています。

論理的思考力と問題解決能力を備えつつ、チームワークを発揮しながら粘り強く取り組むことが求められます。そういった両面の能力は、体育会出身者の強みとなっています。

体育会出身者の強み – 競争心と粘り強さ

体育会出身者には、部活動で培った競争心と粘り強さが備わっています。

そうした資質は、生産現場で数多くの課題に立ち向かう上で威力を発揮します。

さらに、コミュニケーション力やリーダーシップも、プロジェクトを円滑に推進する上で不可欠な要素です。

多様性が生み出す新たな価値

一方で、生産技術の分野には、体育会出身者以外の多様な人材の参画も欠かせません。

高度な専門知識や、新しい発想を持つ人材が加わることで、組織全体の活性化と、画期的な成果につながっていきます。

体育会系の活発な雰囲気

生産技術の現場は、体育会系の活発な雰囲気が醸成されている部署も少なくありません。

職人気質の人と協働するため、時にはきつい言葉を浴びせられることもありますが、それほど気にしない人向きの環境といえるでしょう。

生産技術の醍醐味 – チームで目標に突き進む

生産技術の仕事は地味ではありますが、その奥深さと面白さは格別です。

こつこつと粘り強く取り組みながら、チームとして目標に向かって突き進むことができるのが、この分野の醍醐味なのかもしれません。

体育会出身者はもちろん、様々な個性を持つ人材が集まり、しっかりと連携することで、さらなる技術革新が実現していくことでしょう。

プロフィール
技術系エンジニアのやもくん
技術系エンジニアのやもくん
課長
「生産技術の冒険者へ」ようこそ!
ここは、機械系エンジニアの皆さんが生産技術の業務をスーパーヒーローのように効率的に遂行できるよう、驚きの情報を提供します。

さらに、海外での業務経験から得たスパイスも振りまきます。このブログで新たな視点を得て、日々の業務を冒険のように感じてください。
さあ、一緒に冒険を始めましょう!
記事URLをコピーしました