生産技術

院卒で生産技術ってどうなの?

yamokun

今回は、生産技術のあるあるについて紹介します。

知恵袋に、院卒で生産技術をしていることについて悩んでいる投稿がありました。

院卒で大手のメーカーの生産技術志望で内定を頂いたのですが、ネットを見ると、よく「生産技術は底辺だ」とか「高卒でもできる仕事だし、院卒で生産技術とかかわいそう」とかあまりいい仕事のイメージを持たれていません。

皆さんは、生産技術職についてどのようにお思いですか?

引用:知恵袋

ネット上では、”生産技術は高卒でもできる仕事だ”や”院卒で生産技術とか笑”などのコメントが見受けられます。

生産技術に対して、いい仕事のイメージがないようですね…

結論として、生産技術は高度な技術と専門知識を必要とする分野であり、院卒者の役割がとても重要になってきます。

今回は、生産技術の業務は、院卒者の役割が重要になる理由を探っていきます。

院卒の利点と難易度

院卒の生産技術分野への参入には大きな利点がありますが、同時に高い障壁もあります。

まず利点としては、長年の研究を通して培った深い専門性が挙げられます。

生産技術における原理や理論、課題解決力などが際立ち、企業の研究開発部門などで重宝されるでしょう。

 

一方で、高卒の場合、生産現場の実務経験は豊富ですが、生産技術の理論的な理解や抜本的な改善力が課題となることがあります。

生産工程の細かなメカニズムを把握することが難しく、問題の根本原因を特定して解決策を提案するのが苦手な傾向にあります。

つまり、院卒は理論武装が強いものの、実務面での即応性に欠ける一面があるのに対し、高卒は現場力は高いものの、生産技術の深い理解が難しいといったように、両者にはそれぞれ長所と短所があるのが実情です。

生産技術の役割

生産技術は、企業の根幹を成す重要な機能の1つです。

製品の品質や生産性の向上、コストダウンなど、企業の競争力に直結する取り組みを担っています。

特に近年は、AIやIoTの活用など、先端技術の導入も進んでおり、生産技術の役割はますます重要になってきています。

このように、生産技術は企業にとって欠かせない分野であり、優秀な人材の確保が課題となっています。

生産技術のキャリアパスとスキル

生産技術の分野では、院卒のキャリアパスも大きく広がっています。

研究開発部門のエキスパートとして活躍したり、製造部門の管理職を目指すこともできます。

加えて、コンサルティング会社や専門メーカーなどでも、生産技術の専門家として活躍の場があります。

そのためには、単なる生産技術の知識だけでなく、経営感覚や課題発見力、コミュニケーション能力なども重要になります。

机上の理論だけでなく、現場の課題を理解し、実践的な解決策を提案できる総合力が評価されるのです。

現実的な視点

生産技術の分野で働くには、一定の覚悟が必要です。

時には、長時間労働や厳しい品質管理など、厳しい環境に直面することもあります。

しかし同時に、製品の品質向上や生産性の改善など、企業の根幹に関わる仕事に携われるのは大きな魅力でもあります。

 

また、生産技術の分野は、必ずしも高給が期待できるわけではありません。

ただ、専門性の高さが評価され、優秀な人材が活躍できる環境が整っています。

院卒としても、生産技術の分野でキャリアを築くことは十分に可能なのです。

まとめ

大卒と院卒の生産技術への取り組みの違いや、院卒としての生産技術分野でのキャリアパスについて解説しました。

生産技術は企業にとって重要な機能であり、優秀な人材の確保が課題となっています。

そのため、院卒の持つ専門性や洞察力は高く評価されますが、同時に即戦力としての評価が得にくいという側面もあります。

 

しかし、生産技術の分野では、研究開発や製造管理など、様々なキャリアパスが用意されています。

さらに、経営感覚やコミュニケーション能力など、総合的なスキルが求められるため、院卒にとっても十分に挑戦の余地があると言えるでしょう。

生産技術の分野で働くには一定の覚悟が必要ですが、企業の根幹に関わる仕事に携われるのは大きな魅力です。

院卒としても、生産技術の分野でキャリアを築くことは夢ではありません。ぜひ、自分の強みを活かせる場として検討してみてください。

プロフィール
技術系エンジニアのやもくん
技術系エンジニアのやもくん
課長
「生産技術の冒険者へ」ようこそ!
ここは、機械系エンジニアの皆さんが生産技術の業務をスーパーヒーローのように効率的に遂行できるよう、驚きの情報を提供します。

さらに、海外での業務経験から得たスパイスも振りまきます。このブログで新たな視点を得て、日々の業務を冒険のように感じてください。
さあ、一緒に冒険を始めましょう!
記事URLをコピーしました