生産技術

【生産技術あるある】上司からのプレッシャーと期待へ答えられない…不安と焦り

yamokun

今回は、生産技術あるあるについて紹介します。

知恵袋に、「上司からのプレッシャーと期待へ答えられない…不安と焦り」と質問されていました。

社会人2年目生産技術職です。

上司からのプレッシャーと期待へ答えられないことに 不安と焦り、ストレスを毎日感じます。

引用:知恵袋

上司からのプレッシャーと期待にどう向き合うべきか、そしてそれによって生じる不安や焦りについて深く掘り下げていきます。

生産技術職の方々、特に上司からのプレッシャーに悩んでいる方々へ、この記事が一助となれば幸いです。

一緒に、上司の期待に応えるための新たな視点と解決策を見つけていきましょう!

現状の悩み

ある読者からの質問を紹介します。「上司からのプレッシャーと期待に答えられないことに、毎日、不安と焦り、ストレスを感じています。」とのこと。

この読者は昨年、親会社へ出向して研修を受けていましたが、基礎の基礎しか学べなかったとのことです。

そして、現場に戻ってきてからは、仕事のスタイルやスピード感、やっていることが全く違い、改善点を見つけて自分で仕事をとってくる必要があると感じています。

しかし、改善の効果をあまり見込めず、そのことについてプレッシャーをかける上司がいるとのことです。

上司の期待とプレッシャー

この上司は、自分のプロジェクトに賛同すれば参加させてくれる一方で、そのプロジェクトの仕事は各個人の業務を行った上でできる分を受け、受けた後で助けてというのは許さないというスタンスを持っています。

また、この上司のプロジェクトに参加しない人は、これより効果の大きい仕事をしないと許さないとのこと。

読者はこの上司のプロジェクトに賛同して参加していますが、自分の業務が回せていないことがバレてしまっています。

その上で、できると思うのであれば言いにくるように毎日のように言われ、自分の業務のやり方を改善して早くできるようになって欲しいという期待から言ってくれているとのことです。

どうすればいいのか

しかし、どうしても自分の業務に時間がかかり、プラスアルファで何かをやる自信がないと感じています。

今のままでは上司の仕事を受けれずに効果の薄い仕事をして怒られるか、無理矢理上司の仕事を受けて他の仕事が進まずに怒られるかの2択になる未来しか見えません。

そこで、質問です。「厳しいが面倒見の良い上司からプレッシャー(期待込みで)をかけられ、やる、やらないの2択を迫られた場合、やる選択をして出来なくて怒られるのと、出来ないと感じてやらない選択をしてガッカリされるのではどちらの選択をしたら良いのでしょうか。」

チャレンジすることの価値

ここで一つの回答を紹介します。

「能力が同じでチャレンジする部下とチャレンジしない部下がいたとします。前者より後者の評価が高くなることはありません。現在質問者さんはチャレンジする選択をしているわけですよね。社会人2年目で結果を出したらスーパーマンですよ。結果は気にせずチャレンジするのが20代です。」

つまり、結果を気にせずにチャレンジすることが大切です。

結果が出ないことに焦る必要はありません。

チャレンジすること自体が価値ある行為であり、それが評価されるべきです。

まとめ

上司からのプレッシャーと期待に答えられないことに不安と焦りを感じている方へ、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

自分自身を信じて、チャレンジすることの価値を理解し、自分のペースで成長していきましょう。

あなたならできます!

プロフィール
技術系エンジニアのやもくん
技術系エンジニアのやもくん
課長
「生産技術の冒険者へ」ようこそ!
ここは、機械系エンジニアの皆さんが生産技術の業務をスーパーヒーローのように効率的に遂行できるよう、驚きの情報を提供します。

さらに、海外での業務経験から得たスパイスも振りまきます。このブログで新たな視点を得て、日々の業務を冒険のように感じてください。
さあ、一緒に冒険を始めましょう!
記事URLをコピーしました